☆クリスマス読書会☆

 
xmas1.jpg
写真・Yさんよりご提供いただきました♪

 
クリスマスの読書会は「贈り物にしたい本」と題して
はじめて持ち寄り本の読書会を開きました。
ツリーを運び、いつもの白いテーブルクロスをクリスマスらしい赤いクロスにして、
ポインセチアを飾り、我が家で毎年クリスマスになると注文しているケーキ屋さんから
いろんな種類のケーキを取り寄せて、プレゼントには、
手作りのジングルベルの飾りと聖歌のCDを準備しました。

そうやってささやかすぎるけど自分なりに感謝を伝えるつもりでしたが、
逆にお客さから最高のプレゼントをいただき終始感涙状態。
それは音楽だったり、朗読だったり、また遠くて参加はできないけど、
贈りたい本と一緒にお手紙を添えてくれたり。
そして考えに考えて持ち寄ってくださった幾つもの本。
どれだけ感動して、忘れれられない思い出になったか。
ほんとうにありがとうございました***

音楽はレコードプレーヤーを持ってきてくださりcroixilleに合うレコードをかけてくれました。
レコードの響きがぐんとクリスマスの雰囲気を盛り上げてくれます。
朗読は「世界で一番の贈りもの」マイケル モーパーゴ著
マイケル フォアマン絵/佐藤見果夢訳
朗読に聞き入り涙ぐむ方もいらっしゃいました。もらい泣きしそうに(T‐T)
それからお手紙と一緒届けられたお勧めの本「クリスマスツリー」吉村和敏写真・文を
みんなで眺め、そこに写る海外のクリスマスの写真に入り込んだような気分を味わいました。

それぞれが持ち寄ったクリスマスに贈りたい本へのおもいも、
幼少期の切なかったり笑えたりするサンタクロースとの思い出話も、
すべてが完璧なほど楽しく、人知れず開かれたような小さなクリスマスパーティーは
温かく優しい時間が流れていました。

もっと詳しく、もっと素敵にその時のことを書きたいのに上手く書けなくて情けないです。
しかも酔いしれていたせいで、この貴重な時を写真に収めることも忘れてしまいました。
すごく残念におもっていたのですが、先日参加者さんからクリスマスの写真(上・下)を
いただきました。Yさんありがとう(//u //)

こうしてクリスマスが過ぎてしまってから書いているというのに今も
ハッピーメリークリスマス!と何度でも声にしたくなる。
みなさまに幸せを!とおもわずにはいられない。
ほんとうにほんとうにありがとうございました***



xmas2.jpg
写真・Yさんよりご提供いただきました♪



 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する