ぼくらは抱き合う双子座に成る ―― 井筒沙奈 個展


井筒沙奈A

井筒沙奈B


。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。


「ぼくらは抱き合う双子座に成る」

詩と詩のインスタレーション 井筒沙奈さんの個展のご案内

2017年1月7日(土)~1月15日(日) pm12:00~pm19:00
※会期中はギャラリーのみ休まずオープンしています。

1月8日(日) pm14:00~ ささやかなお茶会

会場  croixilleギャラリー

住所  京都市左京区吉田二本松4-3白亜荘3号室
℡    090-8235-2392
Email  croixille.s@gmail.com


。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。



魚の足の男

星空の中で光る星
指先に海底
魚の足をした男がいる
視界が揺れて、インクが溶ける
生命に畏怖する
光る星を見る
これは夢
それでもあなたは此処にいて
魚の足をした男と踊った



今回の個展用に詩作された井筒沙奈さんの原稿をみせていただきました。
双子座。双子とはいっても、兄弟のそれではない魂の双子、あるいは、
一人に宿る二つの人格を言葉にしたような作品です。
これまでにも何度か井筒さんの詩をみせていただいたのですが、
どの詩にも感じるのは、閉じられた部屋に射し込む一筋の光。
ぼんやりと粉塵が舞うあの光、それに見るそこはかとない切なさ。
美しいとか素敵とか素晴らしいとか一言で伝えるには言葉が見つかないのですが、
それが井筒沙奈さんの絶対的魅力のようにおもいます。
皆さまもぜひご堪能ください。

会期中、詩集・詩に基づく作品も販売されます。少数部数の為お早めにお求めください。
尚、会期中はギャラリーのみ休まずオープンしております。


WEB文芸誌窓辺にて連載中の井筒沙奈さんの詩歌
http://madobe.jp/work?i=13&t=BcFen9DRNuMrzI48







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する