郷間夢野さん大島奈王さんの作品展

 

 
日本とデンマークを中心にご活躍の版画.水彩画家の郷間夢野 さんと
陶芸.彫金家の大島奈王さんの作品をお預かりしミニコーナーにて展示しています。

優しさに満ちた作品の前に立つたびにほうけたように眺めてしまい
時間を忘れてしまっていることにはっとします。
遠くまで旅をさせる物語と同じように旅中にいるような感覚。
デンマーク滞在中のお話をうかがったせいもあるかもしれないけれど、
それを聞かずとも時間を忘れるほどの旅をした気分に変わりはなかったでしょう。
そして作品そのもののあたたかなお二人の人柄にも惹かれました*.°

若干デコラティブがかっているcroixilleの空間では、
作品の良さを損なうのではと心配しながら展示に立ち会いましたが、
見事に溶け込み、感嘆するばかりです。
けれどここだけ...時も空間もここではないどこかのようで
静かに心が穏やかになっていくのを感じます。

一年を通し各地で展示会を開催されているお二人ですが、
たまたま12月だけ展示のご予定をされてなく、
なんだか出会うべくしての出会いであったような今回の幸せな運びとなりました。
期間は12月末までとなっています。
少し早めに納品していただけたので、この間に訪れたお客さまにも
たいへん喜ばれ自分のことのように嬉しいです。

そう確か、真っ白な雪が小さきものたちにふわりと被さっている絵を初めて見たとき、
夢野さんは、雪に覆われた冬が好きなんです、と言われて、それから、
作品一つ一つのエピソードを丁寧に教えてくれました。
夢野さんにお会いしたときも、その後にお会いした奈王さんも
わたしの目の前にいるけれど(きっとどこにいてもそうのはず)
一面の雪景色や広い草原にいるような雰囲気がありました。
そして作品はそんなお二人を映した形のようです。
写真では伝えられないこの感覚をぜひ皆さまにもお届けしたくてたまりません。
ぜひぜひ一度、足をお運びください。

さて、わたしはいつもの席とは反対側の
作品のよく見える位置に席を移しました。
それから珈琲に立ちのぼる白い湯気の向こうに作品を眺めると
またたまらなく好いことにも気づきました。

鳥

扉


女の子

小鳥 鹿


白熊

本




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する