スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法の時間 ~第1話 ヨーロッパの魔女の暮らし~


グラストン3



魔法の時間 ~第1話 ヨーロッパの魔女の暮らし~

日 時  2月17日(土)14:00~16:00

場 所  croixilleギャラリー

定 員  14名(メール又はお電話にて受け付けております)
満席となりましたので受付を終了いたします。ありがとうございました。
croixille.s@gmail.com / 090-8235-2392

参加費  1500円(お茶・お菓子付き)

内容 魔法と神秘の国としても知られるイギリス。その南西部にグラストンベリーという町があります。若きキリストが訪れ、伝説の王アーサーが復活の時を待っている地とされ、古くからイギリスのスピリチュアリティの中心地とされてきました。現在でも、町の中心部には、魔女用品やスピリチュアル・グッズを販売する店が立ち並び、女神を祀る神殿や癒しの水が湧き出る泉とともに、精神的な事柄に関心をもつ人たちをひきつけてやみません。そんなグラストンベリーの様子を、写真や動画とともにお話します。

講師 河西瑛里子(かわにしえりこ)
京都大学大学院在学中、文化人類学のフィールドワークのため、イギリスのグラストンベリーへ。スピリチュアル満載のパワースポットで、女神や魔女と出会い、その虜となり、合計3年間を過ごす。その後もヨーロッパをはじめとする聖地に赴く傍ら、最近では、キリスト教到来以前の多神教・自然崇拝を取り戻そうとするペイガンともかかわっている。時々、大学で講義を担当。著書に、博論をもとにした「グラストンベリーの女神たち」など。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇


魔女と聞いて思い浮かぶ物語は多い。
アニメの題材にもよく使われていて憧れた女の子も多いだろう。
数多くある魔女シリーズの内でも、この度のイベントでは、
『魔女の宅急便』を思い起こしていただけると分かりやすいかもしれない。
主人公のキキは、先祖代々受け継がれた魔女の家系である。
もちろんキキは物語の空想の世界の住人なのだが、
実は現実においても魔女は存在していることをご存じだろうか。
残念ながら空飛ぶ箒なるものは存在していないようだが、
キキの母親のように薬草を使って病気の治療をおこなうようなことは
今でも受け継がれているそうだ。
講師の河西先生は、そうした実在する様々な魔女たちに会い、
暮らしやしきたりを取材し一冊の本にまとめられた。
そのあたりのお話しを伺いながら、空想とばかりおもっていた世界を
ぐっと身近に引き寄せ、ほんの数時間、魔法にかかってみよう。

croixille 店主より


◇◇◇◇◇◇◇◇◇






コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。